競馬などの公営ギャンブルの控除などを考える

競馬やパチンコと言った公営ギャンブルと呼ばれるものは、中々利益を生み出す事が難しいと言われています。そこで利益を出す為には基本的に、10,000円あるとすると75%が戻りで残り25%を競馬を主催しているJRAや地方競馬などが収益として得る事となります。パチンコも同じ様な事が言えて大体80%ちかくが戻り20%を主催しているパチンコ店が収益として得る形となり、残りの20%の中で利益を取り合ってお金を稼ぐ人はそこで得ています。いずれにしてもパチンコや競馬でご飯を食べている人は5%と言われていて、それぞれコンスタントに収益を出している人は普通の人では厳しい状況となっています。それでも大きな馬券を取って利益を上げている人が、その時だけは勝ち組になったりするなど、コンスタントではないのですがたまに大きな馬券をゲットしたりします。そこがやめられないので依存してしまったりします。しかし趣味で行う程度であれば楽しい遊びではあります。acom 返済