大阪地震からもう一度考える、我が家の災害対策

大阪で大きな地震がありました。
我が家は震度3程度でとくに被害がなかったですが、近い地域に住んでいるため、今後発生するかも知れない大きな余震や、南海トラフ地震への備えをもう一度確認するために、備蓄や家具の固定を見直すことに。
ホームセンターへ行き、防災コーナーをチェック。
突っ張り棒タイプではなく、裏側に設置できて目立たないタイプの冷蔵庫を固定できる器具を発見しました。
キッチンの奥にリビングがあって、冷蔵庫が倒れると避難ができないので気になっていました。
あとは、重さのあるオーブンレンジを固定できる粘着シートも購入。
重い分、直撃を受けると大ケガをしそうで、これも気になっていました。
これで家具の固定で気になっていた部分は解決できました。
備蓄は、家族分の水と食料をとりあえず一週間分くらいは確保してあります。
賞味期限をチェックして、問題なしでした。
ペットのエサも、三か月はもちそう。
災害のときは人間用の物資はもらえても、ペット用はもらえませんから、大事な備えです。
こうして定期的に備蓄を見直して、足りないものを買い足したり入れ替えたり。
普段からの備えが大事だと再認識しました。