10対1の割合で、夜の10時には眠っています

明日の朝に、お風呂に入ろうか、深夜にしようかと迷った挙句、結局、夜を選んでしまいました。体が掘ってっているので、覚まさないと寝ることができません。お年寄りがご近所には多いせいか、夜が早いです。ただし、ここまで、というのは、夜10時に、寝てしまうと、経済は活性化しませんね。バブルのころには、朝までというのが普通でしたから、起きているのがという意味です。早寝は体にいいけれど、町は、動きません。10対1の割合で、電気は、ついていないのです。つまり、眠っているということです。
未来はどのようになるのでしょうか。バブルもいいとは言えないですが、ここまで、冷え切ってしまうと、それこそ、小屋暮らしで生活する人ばかりになってしまいます。小屋暮らし5万円で生活すると、経済は動かないでしょう。自分にはよくても、社会にはどうでしょうか。節約や規則正しくは本当にいいことでしょうか。羽目も外さないと、経済はよくはなりませんね。金利が安いキャッシング