魚嫌いな娘と私のための、取り混ぜ食べ物製法に実戦!

うれしいことに、適切アジの干物をいただいてしまいました。しかし、残念なことに自身と長男は焼き魚が下手くそ。自身が下手くそがっていてはいけないとテーブルに出しますが、パサパサが不満!と長男は小さい間から食べてくれません。その嫌いな動機、よくわかります。そのため、あんかけにしたり、煮立てみたり、お刺身でだしたりと、取り敢えずパサパサをもらいさせないようテーブルに魚を出してきました。しかし、大きくなるにつれ、明らかに魚の時と豚肉のときのサパーのテンションが違う長男。これもとことん頷けるのです。私も狭い間、女性に「今日はシャケ焼いてん」と言われると、内心「えー」でしたから。しかし、せっかくいただいたアジの干物。インターネットで製法を見つけました。すると、取り混ぜ食べ物にしたらうまいとのレシピが!面倒ですが…。チャレンジしてみました。アジを焼いて小骨まで取り去るのが非常に迷惑でした。ほぐしたアジの私と塩気昆布、ゴマを炊き立ての食べ物に組み合わせるだけ!塩気昆布は多めのほうがおいしかっただ。ここには長男も、私も大幸運。またやって!とおなじみでしたが、アジの私を解きほぐす登録を誰かが代わりにしてくれればいいのに。