秋から痛みのあった右腕が、今年の初めから50肩に。

両親や伯母が50肩になっていないので、まさか自分がなるとは思わなかった50肩。肩周囲関節炎というそうで、そう聞くと痛そうですが実際本当に痛くて参りました。暖かくなる4月初めまでは何もしなくても一日中痛み、お風呂に入っている時だけが楽だという状態。年末は肩は上がっていたので50肩と思わず、接骨院にマッサージへ。全くよくならず、今年に入りいよいよ肩が上がらず、後ろにも回らなくなってきて痛みも激しく、とうとう整形外科へ。頼みの綱のステロイド注射も効かず、ヒアルロン酸は気休め…週2回、リハビリするも全く上がらず「1年間、ほっておいた人の肩の堅さですよ」とあきれられる始末でした。すぐに病院に行ってるのになんでこんなことにと落ち込みました。ウォーキングしても痛いし。買い物して荷物を持っても痛い。先が真っ暗という感じでしたが5月に入って温かくなったせいなのか日にち薬のせいか、動かないけど日中の痛みはほとんどなくなり、歩いていても大丈夫になってきました。ようやく光が見えて来たと言う感じ。今までは少し良くなったと思っても、自転車で転んだり、お風呂で滑ったり、とっさに風に飛ばされそうな帽子を思わず、悪い方の右手で抑えて激痛…を繰り返してしまって、その都度振出しに戻る…という感じでがっかりすることも多かったけど、やっと痛みもなくなり、後はリハビリを続けて腕が上がったり回せたりするのを待つだけです。1年はかかると言うので気長にがんばります。急に肩がこんなに痛むなんて、昔からある病気みたいですが不思議な病気。アメリカなどではフローズンショルダーというそうです。まさにそうだと実感してます。こうしてパソコン打ってても痛んでくるけど、一時はパソコンを触るのも嫌だったので、それからすれば本当に楽になり、前向きになってきました。来年の今頃は「なんで上がらなかったんだろう?」と言えているといいなと思います。ミュゼ 100円 予約 変更