少し遠出をして、高単価の洋服を購入しました

本日は、数日前にドカっと購入した洋服を見定めていました。一部を覗いては、高単価な洋服ばかりです。この洋服の中の1着に5500円の七分丈の襟付きのTシャツが含まれています。総柄の七分丈のTシャツではあるのですが、1枚の生地から切りだされてデザインをされているため、世の中に出回っている枚数が少なく、他人とかぶること自体がまぁあ、滅多に無いという感じだそうです。こういった出回る枚数が少ない洋服はどうしても大量生産とは、は違い高単価になるようです。ただ、この高単価の価格自体が適正なものなのかどうかも微妙なところです。店員さんが言うには、ギリギリの価格設定でやっています。と言っていましたが、原価から考えると1.5倍から2倍は確実に値段を上乗せしているでしょう。ただ、私が商品を購入する際には、商品価格プラス税のところを、内税にしてもらえました。内税で販売をすることで、こちらにはメリットが出てきますが、店側にはデメリットしか無いのに、ありがたいことです。銀座カラー 予約